法律とは、人の歴史のモラルの教科書です

法律は、人が守らなければならいルールであり、もしも犯すことがあれば、捕まったり、罰金を払ったりと、罰を受けることになります。
そんな法律は、人の歴史のモラルの教科書です。
長い歴史の中で、良いこと、悪いことを人は学んで来ました。
その学んだことを生かした、現時点での最高のモラルの教科書こそが法律です。
これが完璧というわけではもちろんありません。
これからも、時代の流れ、価値観、道具などの進化に伴い、それと並行して、どんどん進化をしていきます。
しかし、現時点では今のものが最高の人のモラルです。
子供に教育するときも、法に基づいて指導をして、良いこと、悪いことを教えなければなりません。
もしも誰も守らなければ、世の中は上手く回らなくなり、一人一人が好き勝手なことを始めて、世の中が混乱してしまうでしょう。
これがあるからこそ、人々は平和な毎日、助け合いの精神を持って、暮らしていくことが出来ています。
法律は必ず守りましょう。