他人の悪口を言いふらすのはやめよう

他人の悪口を言いふらしてはいけないことは子供でも知っています。
しかし、これは人としてであって、法律ではとくに決められていないと思っている人も多いです。
実は、他人の悪口を言いふらしてはいけないと言うことは法律できちんと定められており、刑事罰もあります。
悪口によって社会的な評判が落ちてしまった場合、被害者は名誉毀損で訴えることも可能です。
慰謝料を請求することもでき、多くの場合で被害者が慰謝料を手にしています。
少人数の井戸端会議であっても、話を聞いた人が他人にしゃべって広がっていくケースもあるでしょう。
この場合でも名誉毀損は成立するので気をつけることです。
ただ、名誉毀損で訴えて慰謝料を取れる可能性は高いですが、悪口をやめさせることは非常に難しいと言わざるをえません。
人の口に戸は立てられないと言うことわざもあり、そう簡単にはいかないです。
損害賠償金をきっちり取ることで、抑止力とするしかないでしょう。

労働関係帳簿によるチェック

dhouseのマニュアル作成はここが違う!

技術翻訳・多言語翻訳ならdhouseで!

港区の社労士事務所